· 

ウィリアム・モリスと英国の壁紙展その①

モリスの言葉

 

『役に立つか分からないもの、

 

あるいは美しいと思えないものを

 

家の中に置いてはならない』

 

 

という言葉をのこしています。

 

 

モダンデザインの先駆者である

 

モリスの世界を知るため

 

そごう美術館(横浜)へ行きました。

 

 

 

実は、モリスも壁紙も

 

ちょっと前まで興味なし(笑)

 

 

 

少し、リッチなおばさまが愛する

 

柄モノ・・・・の一つ。

 

そんな認識でした。

 

 

 

ですが、

 

師匠である

 

本のソムリエ団長さんが

 

絶大なる評価をするモリス。

 

 

今回、ブログを読み

 

更に興味を持ちました。

 

ウィリアムモリスとアーツ&クラフツ
ウィリアムモリスとアーツ&クラフツ

 

美術館で、

 

繊細で色彩豊かな

 

壁紙を見ると

 

その魅力に引き込まれます。

 

 

 

そして、モリスについて

 

もっと、知りたくなる!!

 

 

壁紙の制作途中を見ると

 

多くの色版が用いられ、

 

中には12の刷りを

 

重ねたものも。

 

 

作品に対する情熱、

 

こだわり、を感じましたよ。

 

 

 

モリスの芸術魂を感じ、

 

私自身の夢への想いを

 

一層強くしてくれました。

 

 

 

モリスについて

 

知識を入れて

 

展覧会へ行くと

 

更に学びの深さが

 

変わります。

 

 

続きはまた次回のお楽しみ♪

――――――――――――――

渡邉 陽子

ヨーコ先生の朝(毎週土曜日 朝7:30~YouTube配信)

・ヨーコ先生のホームルーム(毎週水曜日 朝7:30YouTube配信)

 

>>お問い合わせはコチラ

↓LINEでも問い合わせできます

友だち追加